バレエ・ヨガ・ピラティスの違いを解説!それぞれに向いている人の特徴とは?

採用

バレエ・ヨガ・ピラティス違い

バレエ・ヨガ・ピラティスってポーズが似ているように見えませんか。三者の違いがよくわからない、という方もいるでしょう。

そこで今回は、バレエ・ヨガ・ピラティスの違いを解説します。

それぞれに向いている人の特徴もまとめたので、これからどれを習おうか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

バレエ・ヨガ・ピラティスはどう違う?

バレエ ピラティス ヨガ

バレエ、ヨガ、ピラティスの違いについて解説します。

それぞれの定義を見てみましょう。

バレエとは

バレエは、ダンスの一種です。バレエには、モダンバレエ、クラシックバレエとジャンルが分かれていて、多くの人がイメージするバレエはクラシックバレエでしょう。きらびやかな衣装(チュチュ)やティアラを着用し、トウシューズを履いてつま先で踊る印象が強いかと思います。

バレエの起源はイタリアとされ、西洋のダンスであると言えます。

ダンスではありますが、物語を表現することに特徴があります。バレエを習ったことがない方でも、『白鳥の湖』、『くるみ割り人形』、『眠り姫』は聞いたことがあるかと思います。これらはバレエの演目で、ストーリーをダンスやマイムで表現します。

分かりやすく言うと、歌詞やセリフがない舞台です。そのため、ミュージカルのように歌うことはありません。

ヨガとは

ヨガは、古代インド発祥の宗教的な修行の一種です。あぐらを組んで、目を閉じているイメージを持つ方もいるでしょう。これは瞑想をしているからです。

先述したようにヨガは修行の1つであり、瞑想をして精神を統一し、輪廻からの解脱を目指すものです。仏教やヒンドゥー教の側面が強いのも特徴です。

このように修行の一種ではありますが、日本でも楽しめるヨガはエクササイズに近いもので、宗教的な修行としての意味合いは非常に薄いです。そのため、「〇〇教ではないとヨガをやってはいけない」ということはありません。ほぼ宗教の制限はないと言ってよいでしょう。日本でのヨガは、どんな人でも楽しめるエクササイズの1つとして、広まっています。

バレエはダンスの一種なので、音楽に合わせて踊りますが、ヨガではこのようなことはしません。ヨガのポーズで静止をすることで、心を落ち着かせます。ヨガスタジオでは音楽をかけていることがありますが、その音楽に乗って踊るということはありません。

またダンスは、『白鳥の湖』のように演目があり、お話に沿ってダンスで演技をします。「お姫さま役」、「王子さま役」、「妖精役」のように配役があり、そのキャラクターを演じるのも特徴ですが、ヨガの場合は特にキャラクターを演じるわけではありません

ピラティスとは

ピラティスは、バレエやヨガと比較して新しいジャンルのものです。1920年代にドイツ人のピラティス氏が開発したエクササイズとされています。

エクササイズの一種ではありますが、エアロビのように動きが多いわけではなく、静止をすることで精神をコントロールすることも取り入れています。ストレッチ、筋力向上、バランス力の向上を目的としたエクササイズです。

ピラティスとヨガは非常に似ているように思われますが、そもそものルーツが異なります。ヨガは先述したように、宗教的な修行としての意味合いがあり、精神を鍛えるためのものです。またヨガでは瞑想を取り入れているため、呼吸法も重要視されますが、ピラティスではヨガほど呼吸法が重要なわけではありません

またピラティスはエクササイズの一種なので、瞑想はほぼありません。

ヨガが心と身体のエクササイズとするならば、ピラティスは身体にフォーカスを当てたエクササイズと言えます。またピラティスもダンスではないため、バレエのように踊ることはありません。

 

では、バレエ、ヨガ、ピラティスの違いを表でまとめます。

バレエ
  • ダンスの一種
  • ストーリーがある
  • キャラクターを演じる
ヨガ
  • 元は宗教的な修行の一種
  • 呼吸法が重要視される
  • 瞑想を取り入れている
ピラティス
  • エクササイズの一種
  • 精神ではなくボディ中心のエクササイズ

バレエが向いている人

バレエが向いている人

ヨガ、ピラティスではなく、バレエが向いている人を紹介します。

  • ダンスが好きな人
  • クラシック音楽が好きな人
  • 華やかな衣装を着たい人

ダンスが好きな人

ヨガ・ピラティスではなくバレエが向いている人の特徴1つめは、ダンスが好きな人です。

繰り返しますが、バレエはダンスの一種です。音楽に合わせて身体を動かすため、ダンスが好きな人に向いています。

リズム感を向上させたい人にもよいでしょう。

クラシック音楽が好きな人

ヨガ・ピラティスではなくバレエが向いている人の特徴2つめは、クラシック音楽が好きな人です。

バレエにはモダンバレエもありますが、国内のスクールのほとんどはクラシックバレエです。クラシック音楽に合わせて踊るため、元々クラシック音楽が好きな人におすすめです。

バレエ音楽を知らない方でも、『白鳥の湖』、『眠り姫』、『くるみ割り人形』の曲は聞いたことがあるはずです。

好きな音楽で踊れることも、バレエの魅力と言えます。

華やかな衣装を着たい人

ヨガ・ピラティスではなくバレエが向いている人の特徴3つめは、華やかな衣装を着用したい人です。

ヨガやピラティスだとシンプルなウェアでレッスンを受けますが、バレエには舞台があり、その衣装は非常にきらびやかです。場合によってはドレスのような衣装で踊ることもあるでしょう。ティアラを着用することも。

非日常を楽しみたい方には、バレエをおすすめします。

ヨガが向いている人

ヨガ

バレエ・ピラティスではなく、ヨガが向いている人について解説します。

  • 精神を鍛えたい人
  • 集中力を高めたい人
  • 瞑想を取り入れたい人

精神を鍛えたい人

バレエ・ピラティスではなくヨガが向いている人の特徴1つめは、精神を鍛えたい人です。

何度も記載しているように、ヨガは古代インドの修行の一種なので、精神を鍛えることができます。ヨガインストラクターからレッスンを受けることで、ヨガの考えを学び、ストレスへの対処法が身につくこともあるでしょう。

精神を鍛えたい人はもちろんのこと、日常的にストレスを感じやすい人にもヨガはおすすめです。

集中力を高めたい人

バレエ・ピラティスではなくヨガが向いている人の特徴2つめは、集中力を高めたい人です。

ヨガのポーズを取るためには、集中力が大切です。雑念があると、バランスを崩して身体がフラフラとしてしまうこともあります。ヨガを習うことで、バランスよくポーズを取るために自然と集中力が高まるとされています。

仕事や勉強の効率も向上するかもしれません。

瞑想を取り入れたい人

バレエ・ピラティスではなくヨガが向いている人の特徴3つめは、瞑想を取り入れたい人です。

ヨガの特徴は瞑想を取り入れていることなので、瞑想の方法を学びたい人にもよいでしょう。瞑想で雑念をなくす、ざわついた心を落ち着かせる方法が学べるでしょう。

ピラティスが向いている人

ピラティス

最後にピラティスに向いている人について解説します。

  • エクササイズを楽しみたい人
  • スタイルアップをしたい人
  • 体幹を鍛えたい人
  • 無理なくストレッチをしたい人

エクササイズを楽しみたい人

バレエ・ヨガではなくピラティスに向いている人の特徴1つめは、エクササイズを楽しみたい人です。

バレエはダンス、ヨガは修行の一面もあるため、エクササイズ要素を多く取り入れているのはピラティスと言えます。(ヨガにもエクササイズの一面もあります)

体力を向上させたい、筋力を高めたい人にはピラティスがよいでしょう。

スタイルアップをしたい人

バレエ・ヨガではなくピラティスに向いている人の特徴2つめは、スタイルアップをしたい人です。

ピラティスのクラスには、スタイル維持、サイズダウンなどさまざまな目的の人が通っています。必ずしもヨガのように精神的なトレーニングのためにレッスンを受けているわけではありません。

ボディラインをより綺麗にしたい人であれば、精神的なトレーニング要素の少ないピラティスがよいでしょう。

体幹を鍛えたい人

バレエ・ヨガではなくピラティスに向いている人の特徴3つめは、体幹を鍛えたい人です。

ピラティスはポーズを取って、それをキープしますが、キープするには体幹が鍛えられます。体幹の弱さを感じている人には、ピラティスがおすすめです。

無理なくストレッチをしたい人

バレエ・ヨガではなくピラティスに向いている人の特徴4つめは、無理なくストレッチをしたい人です。

バレエやヨガにも柔軟性が求められるためストレッチをしますが、ややハードです。信ぴょう性の高いデータがあるわけではありませんが、一般的にヨガよりもピラティスのほうがポーズもマイルド(難易度が低い)であるため、無理なく気軽にストレッチをしたい人にはピラティスをおすすめします。

まとめ

バレエ・ヨガ・ピラティスの違いについてまとめました。

バレエはダンス、ヨガは古代インドの修行を起源とするもの、ピラティスはエクササイズです。

ヨガとピラティスの違いを明確化することは難しいですが、精神をより鍛えられるのはヨガと言えます。それぞれの違いがわかりにくいと感じる方は、一度体験レッスンを受けることをおすすめします。体験をしてみて、より自分に合っていると思うものを始めましょう。

バレエに向いている人は次のとおりです。

  • ダンスが好きな人
  • クラシック音楽が好きな人
  • 華やかな衣装を着たい人

次のような人はヨガ向きです。

  • 精神を鍛えたい人
  • 集中力を高めたい人
  • 瞑想を取り入れたい人

ピラティスに向いている人は、次のとおり。

  • エクササイズを楽しみたい人
  • スタイルアップをしたい人
  • 体幹を鍛えたい人
  • 無理なくストレッチをしたい人

どれも似ているように見えますが、目的や起源は異なります。自分に合った習い事を選んでください。

LINEのお友達追加で気軽にお話ししませんか?

ショートカットの女性が何か話そうとしている

【チア★コミュニティ】では、チア★コミコンシェルジュがチアに関するすべてのお悩みや疑問にお答えします!

<こんなお悩みはありませんか?>

「家から近いおすすめのチアダンス・チアリーディングスクールはどこ?」

「チアスクールのインストラクターになりたいけどどうしたらいい?」

「チアスクールを開業したいけど、誰に相談したらいい?」

「チアスクールの運営に不安が・・・」

チア★コミュニティの公式LINEをお友達追加して、チア★コミコンシェルジュと気軽にお話ししませんか?

ぜひ、お待ちしています!

友だち追加

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

チア★コミュニティ
【運営会社】株式会社Gravis
【お問い合わせ先】cheer.community.g@gmail.com
当サイトへのご掲載希望は、お問い合わせフォームにて受け付けております。

【SNS情報】
子どもの習い事やチアに関する情報を発信中♪
「チア★コミュニティ」公式インスタグラム

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

-採用
-, , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

同じカテゴリの記事

バレエのインストラクターの資格

バレエのインストラクターに資格が必要ない理由とは|必須スキルも解説

2022/12/28   採用

多くの仕事には資格が求められますが、バレ...>続きを読む

嫌いなダンスのインストラクター

ダンスのインストラクターが嫌い!おすすめの対処法とは

2022/12/14   採用

「今習っているダンスのインストラクターが...>続きを読む

インストラクターとパーソナルトレーナーの違い

インストラクターとパーソナルトレーナーの違いを徹底解説

2022/11/01   採用

フィットネス系の仕事として、インストラク...>続きを読む

料金相場

ダンスレッスン・インストラクター派遣の料金相場|値下げ交渉はできる?

2022/12/14   採用

ダンススクールに通いたい、ダンスインスト...>続きを読む

ダンスインストラクター専門学校

ダンスインストラクター希望者におすすめの専門学校5選

2022/12/14   採用

いつかダンサーとして活躍したい、ダンスに...>続きを読む