バレエインストラクターになるのに養成講座はある?おすすめの養成講座とは

2022年12月29日

採用

バレエインストラクター養成講座

バレエインストラクターになりたいけれど、どうしたらいいかわからない…。そんな方もいるでしょう。一般的な仕事では養成講座がありますが、バレエインストラクターにも同じような講座はあるのでしょうか。

今回は、バレエインストラクターの養成講座を紹介します。

おすすめの養成講座も記載したので、これからバレエインストラクターになりたい方や、養成講座を受けようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

バレエインストラクターに養成講座はあるのか

インストラクター養成講座はあるのか

バレエインストラクターの養成講座はあるのでしょうか。

結論から書くと、バレエインストラクターの養成講座はあります。バレエスクールが主催している養成講座があり、講座を修了することでそのスクールのインストラクターとして仕事がしやすくなるのです。

ただし、バレエインストラクターの養成講座の公益性は高くありません

その理由は国家資格ではないからです。バレエインストラクターの養成講座を受講しても、国家資格が得られるわけではありません。すべては民間の養成講座のため、Aスクールの養成講座を受けたからといって、Bスクールでその実力が認められてバレエインストラクターとして採用されるというわけではないのです。

 

公益性は高いとは言えませんが、バレエインストラクターの養成講座を受講することにメリットはあります。養成講座を受講することで、バレエインストラクターとしての心得や、集客のノウハウ、独立方法などを学ぶことができます。バレエインストラクターとして働く場合は、養成講座を受講しているほうが安心して仕事ができるでしょう。自信もつくはずです。

自分がインストラクターとして働きたいバレエスクールに養成講座がある場合は、積極的に受講することをおすすめします。受講したほうがそのスクールで採用されやすくなるのです。

おすすめのバレエインストラクター養成講座

バレエ講師イメージ

おすすめのバレエインストラクターの養成講座を紹介します。

  • バレゾナンス認定養成講座
  • バレエ指導検定
  • バレエリトミック養成講座
  • 日本バレエ教育者協会講座
  • 床バレエインストラクター養成講座

バレゾナンス認定養成講座

おすすめのバレエインストラクターの養成講座1つめは、バレゾナンス認定養成講座です。

バレエスクールのバレゾナンスではインストラクター向けの養成講座を用意していて、講座を修了すると、「東京ラーニングアカデミー」が認定するプロフェッショナルバレエ講師認定証が発行されます。

養成講座を受講できる人には条件があり、22歳以上であること、バレエ歴10年以上であること、礼節があること、おとな初心者向けの講師をしたいことです。

養成講座は全10回で、合計20時間を予定しているそうです。理解度によっては延長も予定されているとのこと。

バレゾナンスでバレエインストラクターを目指す方は、ぜひこちらの養成講座を受講してみませんか。

参考:バレゾナンス東京バレエスタジオ

バレエ指導検定

おすすめのバレエインストラクターの養成講座2つめは、バレエ指導検定です。

こちらは養成講座というよりも資格検定の要素が強いですが、審査後には審査員からのフィードバックやアドバイスが得られるため、学べることの多い検定と言えます。

バレエ指導検定は、初級・中級・上級があります。インストラクターとして働きたい方は、中級、上級を目指しましょう。

この検定は、講座を受けるだけでなく、アウトプットの場である試験があるため、バレエインストラクターに必要な知識をただ得るだけでなく、それが正しく使えるかも審査されます。実力を身につけたい方におすすめです。

バレエの基礎知識だけでなく、ビジネスマナーも学べるので、バレエを仕事にしたい方によいでしょう。

参考:バレエ指導検定

バレエリトミック養成講座

おすすめのバレエインストラクターの養成講座3つめは、バレエリトミック養成講座です。

バレエリトミックという言葉を初めて聞く方も多いかと思います。リトミックは音楽を取り入れた教育法のことで、バレエリトミックは、バレエとリトミックを合わせた幼児教育です。

リトミックの音楽の要素にバレエの芸術要素を加えた教育で、主に未就学児を対象としてレッスンをしています。バレエリトミックは、まだジャンルとしては広く知れ渡っていませんが、幼児教育に興味がある方に向いています。

講座とレッスンの時間は合計18時間で、比較的短期間で修了します。子ども好きの方、幼児教育に興味がある方におすすめです。

参考:バレエリトミック指導者養成講座

日本バレエ教育者協会講座

おすすめのバレエインストラクターの養成講座4つめは、日本バレエ教育者講座です。

日本バレエ教育者協会講座には、「バレエ指導スキルアップセミナー」、「プロのバレエ教育者向けの育成プログラム」があります。

スキルアップセミナーは単発のみで、すでにバレエのインストラクターとして働いている人におすすめです。

育成プログラムは、短期間で取得したい方には7日間集中コースがよいですが、ゆっくりと着実に学びたい方には3ヶ月コースがよいでしょう。

※こちらの講座は2018年以降は開催されていない可能性があります。くわしくは公式サイトからお問い合わせください。

参考:日本バレエ教育者協会

床バレエインストラクター養成講座

おすすめのバレエインストラクターの養成講座5つめは、床バレエインストラクター養成講座です。

「床バレエ」とは、フランスで半世紀以上前から大変人気なバレエ基礎を、立たずに床の上で行う、ストレッチやバレリーナ筋肉をつけるトレーニングです。

床バレエインストラクターは、現代社会で生きる皆様の健康・体力促進・ストレス解消・美容など、体の基本作りをサポートします。

床バレエインストラクター養成講座には1級〜5級まであります。

  • 5級 バレエの動きの原理原則を学び、バレエ式エクササイズの知識を学びたい方向けです。
  • 4級 床バレエインストラクターになりたい方、インストラクターとしてスキルアップしたい方向け
  • 3級 インストラクターとしてレッスンを開講したい方向け(年に一度あるブラッシュアップの参加が必須となります)
  • 2級 指導法と知識の豊富な指導者として活動できます。
  • 1級 インストラクターとして必要不可欠なプレゼンテーション法を学びます。バレエフィットネスでインスラクターを養成・指導するマスター資格です。

級により、協会入会費、協会員費が別途かかります。

参考:一般社団法人床バレエ協会

バレエインストラクターの養成講座を受けなくても仕事ができる理由

バレエインストラクター

ここまでバレエインストラクターになりたい方向けの養成講座を紹介しましたが、養成講座を受けずにバレエインストラクターになる人が多数います。

バレエインストラクターになるために養成講座は必須ではないのです。講座を受講していなくても、仕事ができいます。

その理由を解説します。

  • 国家試験ではないから
  • バレエ養成講座が少ないから
  • アシスタント制度があるから
  • スクールに独自の研修があるから
  • 養成講座よりも実力を重視するから

国家試験ではないから

バレエインストラクターの養成講座を受けなくても仕事ができる理由1つめは、国家試験ではないからです。

すでに記載したようにバレエに国家試験はありません。養成講座も国家資格ではないため、公益性が低いと言えます。

自動車運転免許を取得すれば、原則として誰でも車の運転ができます。これは自動車運転免許が公安委員・警察・交通局が管理する国家資格だからです。

しかし、バレエの養成講座は国家資格ではないため、養成講座を修了したからといって必ずしも別のスクールでその実力を認められるわけではないのです。

バレエ養成講座が少ないから

バレエインストラクターの養成講座を受けなくても仕事ができる理由2つめは、バレエ養成講座が少ないからです。

そもそもバレエ養成講座は少なく、知られている講座はあまりありません。履歴書にバレエ養成講座を受講した旨を記載しても、その実力や価値が伝わりにくいのです。

アシスタント制度があるから

バレエインストラクターの養成講座を受けなくても仕事ができる理由3つめは、アシスタント制度があるからです。

スクールにより違いがありますが、多くのスクールではアシスタント制度があり、すぐにインストラクターとしてクラスを受け持つということは少ないです。まずは先輩インストラクターのアシスタントとしてサポートをし、先輩の指導方法からノウハウを得ていきます。

このようなOJT制度を取り入れているスクールは多く、養成講座のような座学中心ではなく、実際に仕事の場で必要とされる知識を学んでいくのです。

【OJTとは】
OJTとは、オン・ザ・ジョブ・トレーニングのことで、現任訓練とも呼ばれています。こちらは実際の職場で実務をさせながら教育することです。

スクールに独自の研修があるから

バレエインストラクターの養成講座を受けなくても仕事ができる理由4つめは、スクールに独自の研修があるからです。

多くのスクールでは、採用したばかりの人をすぐにバレエインストラクターとして働かせることはありません。まずはスクールで研修をして、その実力に応じた仕事を任せます。すぐにバレエレッスンクラスを担当せずに、受付業務から始めることもあるでしょう。

スクール独自の研修があることから、養成講座は重視されないことも少なくありません。

養成講座よりも実力を重視するから

バレエインストラクターの養成講座を受けなくても仕事ができる理由5つめは、実力を重視する世界だからです。

極端な例ですが、バレエ未経験の人が養成講座を修了しても、バレエインストラクターとして働くことは現実的ではないです。いくら養成講座を受けても、自分がバレエを一切踊れなければ、バレエの指導ができないのは説明するまでもありません。

バレエの指導では、養成講座を受講しているかどうかよりも、指導者としての実力・バレエの実績が重視されるため、養成講座を受けていなくても仕事ができます。

まとめ

バレエインストラクターを募集しているスクール

バレエインストラクターの養成講座について解説しました。

バレエインストラクター向けの養成講座は複数があります。どれも民間のスクール独自の養成講座で、国家資格ではありません。そのため、公益性は低いと言えます。

おすすめのバレエインストラクター養成講座は、次のとおりです。

  • バレゾナンス認定養成講座
  • バレエ指導検定
  • バレエリトミック養成講座
  • 日本バレエ教育者協会講座
  • 床バレエインストラクター養成講座

養成講座を受けなくても、実際はバレエインストラクターになることは可能です。その理由は次のとおり。

  • 国家試験ではないから
  • バレエ養成講座が少ないから
  • アシスタント制度があるから
  • スクールに独自の研修があるから
  • 養成講座よりも実力を重視するから

実際に養成講座を受けずにバレエインストラクターになった人も多数いますが、養成講座を受けるメリットは多数あります。

現場で働く前に知識を得ることができる、自信がつく、養成講座主催のスクールで採用されやすい、などメリットがあるので、興味があれば養成講座を受けてみませんか。

LINEのお友達追加で気軽にお話ししませんか?

ショートカットの女性が何か話そうとしている

【チア★コミュニティ】では、チア★コミコンシェルジュがチアに関するすべてのお悩みや疑問にお答えします!

<こんなお悩みはありませんか?>

「家から近いおすすめのチアダンス・チアリーディングスクールはどこ?」

「チアスクールのインストラクターになりたいけどどうしたらいい?」

「チアスクールを開業したいけど、誰に相談したらいい?」

「チアスクールの運営に不安が・・・」

チア★コミュニティの公式LINEをお友達追加して、チア★コミコンシェルジュと気軽にお話ししませんか?

ぜひ、お待ちしています!

友だち追加

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

チア★コミュニティ
【運営会社】株式会社Gravis
【お問い合わせ先】cheer.community.g@gmail.com
当サイトへのご掲載希望は、お問い合わせフォームにて受け付けております。

【SNS情報】
子どもの習い事やチアに関する情報を発信中♪
「チア★コミュニティ」公式インスタグラム

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵

-採用
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

同じカテゴリの記事

スポーツジムのダンスインストラクター

スポーツジムのダンスインストラクターの特徴と向いている人を解説

2022/12/14   採用

スポーツジムにはダンスレッスンやダンスプ...>続きを読む

インストラクターの簡単な資格

【初心者・未経験OK】インストラクターの簡単な資格8選

2022/10/31   採用

資格を取ってインストラクターになりたいけ...>続きを読む

バレエのインストラクターの資格

バレエのインストラクターに資格が必要ない理由とは|必須スキルも解説

2022/12/28   採用

多くの仕事には資格が求められますが、バレ...>続きを読む

インストラクターとコーチの違い

インストラクターとコーチの違いについて解説

2022/11/01   採用

運動が好きな方や運動経験が豊富な方であれ...>続きを読む

アルバイトのダンスインストラクター

ダンスインストラクターはバイトでもなれる?仕事内容を解説

2022/12/14   採用

ダンスインストラクターになりたいけれど、...>続きを読む